防カビ効果の得られる外壁塗装

美しく外壁塗装を施工してあるのに、なんだか退色したように感じられるとしたら、塗膜にカビが発生している可能性があります。

大阪のフロアコーティングの様々な情報を掲載しています。

もちろん塗料が退色することもありますが、外壁塗装に使用される塗料は基本的に退色しにくい特性を備えています。経年劣化が原因であれば、退色だけでなく、塗膜の粉末化など、複合的に劣化を実感できます。
複合的に劣化を実感するのではなく、部分的に退色したように感じられるとしたら、カビの発生を疑ってみると良いでしょう。


外壁にカビが発生することがあります。

カビの発生による被害は、屋内が多いですが、屋外でもカビが発生して、さまざまなダメージを建物に与えることがあります。

防カビ効果の得られる外壁塗装に仕上げておけば、カビが発生しにくいです。


湿気の多い地域では、防カビにも注目しましょう。


近所に川が流れていたり、沼や湖がある場合は、大気中に湿度が豊富です。
日当たりが良くても、カビが繁殖してしまうことがあります。

フローリングの修理の情報はココで集まります。

外壁塗装で仕上げられた塗膜が、カビの温床そのものになることがあるためです。

珍しい三郷でトイレ交換の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

もちろん塗膜がカビの温床になっていても、再塗装リフォームで古い塗膜とカビが撤去されますので、建物に対する保護効果は高いです。

千葉の外壁塗装情報はこちらに集まります。

あくまでも外壁の色が、くすんで見えることが難点です。

防カビ効果の得られる塗料で仕上げれば、塗膜がカビの温床になりません。

お手軽さが魅力の函南町の注文住宅のサイトが登場しました。

カビの温床にならないことで、カビの菌糸による劣化促進も予防できるため、結果的に塗膜も長持ちします。

防カビ効果は、低予算のウレタン塗装でも得られますので、効果を確認しておきましょう。


防カビ効果の得られる外壁塗装は、ウレタン塗料で仕上げられます。

http://www.excite.co.jp/News/keywords/%E5%B0%8F%E6%A0%97%E6%AD%A3%E7%BE%8E/

ウレタン塗装の効果は、耐久年数が短い傾向にありますので、防カビ効果を期待するのであれば8年を目安に再塗装を検討すると良いでしょう。
もちろん建物の状態や、地域の特性によって、効果の持続期間は変化します。直射日光が当たりにくかったり、潮風の影響を受けない地域であれば、ウレタン塗装の耐久年数は8年よりも長くなることが多いです。

http://tsutaya.tsite.jp/search?dm=0&ds=1&ic=3&st=0&k=&hp2=&hp=&gl=EXT000073X0S&gm=EXT00007413I&gs=EXT0000751Z3&md=&ri=

直射日光がよく当たり、潮風の影響を受ける地域では、塗膜の経年劣化よりも早い時期に防カビ効果が弱まってしまうことがあります。

ウレタン塗装と同じ防カビ効果が得られて、なおかつ効果の持続期間が長いのがシリコン塗装です。

シリコン塗装はウレタン塗装の、およそ二倍の耐久性が備わっています。一般的には15年の耐久年数と呼ばれています。

外壁塗装をシリコン塗装で施工するときは、高耐久シリコン塗装を指定すると良いでしょう。シリコン塗装の塗料も、種類が豊富です。

高耐久シリコン塗装は、防カビ特性が高い塗膜に仕上がります。


防カビ効果の持続期間がウレタン塗装よりも長いのに、ウレタン塗装よりも、やや高めの価格で施工できるのも魅力です。

http://news.biglobe.ne.jp/topics/economy/0605/49029.html

外壁塗装は、耐久年数と価格を把握して、正確にコストを計算してから比較すると良いでしょう。
防カビ効果は、塗膜が劣化していなくても弱まることがありますので、湿気の多い地域や日照時間の短い敷地では、高耐久シリコン塗装に注目すると良いでしょう。

関連リンク

外壁塗装の色の選び方

外壁塗装では、色選びが大切です。色を選ぶ際に注意することは、面積効果があることです。...

more

外壁塗装のリフォームを行おう

外壁塗装に精通した人は一体どれほどいるでしょうか。外壁塗装について詳しく知らない方、今のところあまり必要としていないという方も何れは外壁塗装のリフォームを経験することになるかもしれません。...

more