安全に暮らしていくためのお風呂リフォーム

住み慣れた家で安全に快適に過ごすことができたら、核家族化している現代でも高齢者やその家族が皆安心して暮らせることができます。

それを可能とするひとつの手段としてバリアフリーにしたりお風呂リフォームをしたりと住宅の改築が挙げられます。

段差をなくしたり、手すりを随所につけ、つまずきからの転倒を防止したり、火の消し忘れなどがないようガスをやめオール電化に変えたりすること等が有名です。お風呂リフォームにおいては、最近、冬場によく耳にするヒートショック対策に効果的です。

ヒートショックとは、高齢者に多く、温度差の激しい室内から室内へ移動した際に、その温度変化によって血圧が急変して脳卒中や心筋梗塞を誘発してしまう症状です。
比較的高血圧の人がなりやすいといわれています。

しかしそれがお風呂リフォームを施すことによって、内外壁、床の断熱で保温と保湿効果を得ることができ、浴室暖房の設置で室内と浴室の温度変化を減らすことができます。


リフォームでタイルからクッション性のある乾きの速い床にするという点は、転倒防止にもつながります。

今後の行動範囲や生活スタイルを見越して減築する家庭も増えています。

これらはすべて、日常生活内で起こりうるかもしれない問題を対処するための対策と言えます。


このように、変化していく生活スタイルに合わせり、予測したりして家に手を加えていくことは、いつまでも快適で安心安全に暮らしていくために必要不可欠なのかもしれません。


家の中のリフォームで多いのが、台所とお風呂場です。


特にお風呂リフォームはリフォーム全体の約40%を占めています。

理由は2つ。

1つは水を使うということで汚れやすいからです。
2つは、家族全員が使うということで清潔感を考慮しているからです。

改築のさいには、必ずと言っていいほどお風呂リフォームが挙げられているのは以上の理由からです。改築費用は平均50万からです。他にもタイル替えや風呂釜の買い替え、窓を新しくしたりすればその分、値が張ってきます。

通常、工務店で対応できますが、多くは家を造ってくれた業者にお願いすることが多いです。


最近では雑誌広告でお風呂リフォームを専門しているところもあります。


リフォームをどこにするかは家族で話し合ってみましょう。

最近では、「和」を重視してか、お風呂場だけではなく、お風呂場に隣接する小庭づくりにも、リフォームのさいお願いすることがあります。湯に浸かりながら小庭を見るといった日本人特有の風情あふれる気質が、小庭づくりへと心を動かします。

また五右衛門風呂をついでにお願いすることも少なくないです。
古来からの日本におけるお風呂と言えば「五右衛門風呂」です。薪の煙のにおいにかこまれたお風呂に入ることはこの上ない幸せを感じる人が少なくないです。


日本人はお風呂好きですので、お風呂のリフォームに拘る方は非常に多いです。

疲れた体を癒してくれるお風呂は日本人にとってなくてはならないものなのです。



東京のエコカラット業者について詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

埼玉のフロアコーティングの知識を増やしてみませんか。

リノベーションの費用をさらに詳しく調べてみませんか。

床の補修情報選びに特化したポータルサイトです。

http://girlschannel.net/topics/916725/4/

http://matome.naver.jp/odai/2134153873277351601

http://talk.m3q.jp/?topic_id=326&page=205

関連リンク

浴槽やドアなど、お風呂リフォームは進化しています

お風呂リフォームというと以前は、それまでよりもお風呂場を大きく広くすることでしたが、最近は浴槽など一つ一つが進化していて、それに取り換える事も指しています。いろいろなタイプが豊富になってきたのは、まず浴槽です。...

more

住宅を手に入れてからよくあるお風呂リフォーム

注文住宅を建てたり、建売住宅を購入することによってマイホームを手に入れたいというのは多くの人が望むことであり、人生の中で最大の買い物である住宅を購入して住み始めると賃貸マンション暮らしとは違う独立間に溢れた生活を送っていくことができるようになります。特に新築のものを手に入れた場合には住み始めはそれだけでもとても快適に感じるものですが、しばらく住んでいると少しずつ住居に対する不満が感じられてきてしまうことも珍しくありません。...

more